このページの先頭です。
  • TOP
    • ごじまん情報
      • ごじまんニュース

ごじまんニュース

  

たかまつ産品第2弾 「エンサイの佃煮」販売開始

 「高松産ごじまん品」の一品目エンサイを使った佃煮が完成し,市内産直施設などで販売が開始されました。ピリ辛風味で,ごはんやおにぎり,酒の肴にぴったりです。是非,お試しください。限定品ですので,お早めに!!

 エンサイとは?⇒http://gojiman.jp/whats/v06/


★販売場所中央ふれあい市場 本店(高松市太田上町372-1)
中央ふれあい市場 古高松店(高松市高松町2170-1)
グリーンピア岡本(高松市岡本町944)
国分寺ふれあい産直(高松市国分寺町新名944)
香南朝市(高松市香南町横井997-2)
       
場所はこちらでチェック⇒http://gojiman.jp/shop/sancyoku.php
★価  格315円/袋(100グラム入り)

※ 写真はクリックすると拡大します
[ 2008/12/11 ]
カテゴリー:加工品

黒大豆焼酎「讃州黒」販売日決定&初売り記念セレモニー開催のお知らせ

10月20日(月),今年仕込んだ黒大豆焼酎「讃州黒」の本格販売がいよいよ始まります。
生産本数は,当初の予定より増えて約4000本の限定販売です。
1本720ml,1500円。
高松市内のJA香川県ふれあいセンターや金陵取扱の酒店でお買い求めいただけます。
ロックや水割りなど自分流の飲み方で,やわらかな飲み口をお楽しみ下さい。

★初売り記念セレモニー★

日時10月20日(月) 13:00から
場所三町ドーム(三越高松店南側)

 セレモニーにご来場頂いた方に焼酎を振舞います。
 また,「讃州黒」のあたる抽選会も開催!

 皆様お誘いあわせのうえ,是非お越し下さい。
※ 写真はクリックすると拡大します
[ 2008/09/26 ]
カテゴリー:加工品

ごじまん野菜塾(秋冬野菜編)受講生募集

①内  容
 「ごじまん野菜塾」受講生募集(団塊の世代や大学生を中心に,これから農業に取り組んでみたい方を対象として,野菜の基本的生産から販売までを実習します。)
②目  的
 定年(早期)退職者や若年層などの就農予備軍への農業実習を実施することにより,新規就農者・専業的農家の発掘や農作業支援組織の創出を目指す。
③開 催 日
 第一回(開講式):平成20年9月13日(土)午前9時00~
第二回以降:12月頃まで全10回程度(土曜日に開催)
④場  所
 (1)講義…JA香川県中央地区本部3F会議室(高松市下田井町367-1)
(2)実習…西植田いきいき市民農園(高松市池田町)
⑤品  目
 高松産ごじまん品(ブロッコリー,菜花),その他(ジャガイモ,白菜,小かぶ, 春菊,ホウレンソウ,大根,水菜,キャベツ,レタスなど)
⑥準備する物
 (1)作業しやすい服装 (2)帽子 (3)長靴 (4)軍手 (5)雨具 (6)水筒 (7)小農具
⑦応募資格
 18歳以上70歳未満で農業や野菜づくりに意欲がある方。
⑧募集人員
 書類選考の上,20名程度
⑨参 加 費
 金5,000円(学生は1,000円)
⑩申込方法
 住所,氏名,年齢,職業,電話番号,応募理由を記入の上,ハガキ,ファックスまたは電子メールにて申込。平成20年9月8日(月)必着。
⑪申 込 先
 〒760-8571高松市役所農林水産課 TEL:087-839-2422 FAX:087-839-2440
E-mail:nousui@city.takamatsu.lg.jp
[ 2008/08/20 ]
カテゴリー:募集

黒大豆焼酎「讃州黒」の仕込みが始まっています!

 琴平町の酒造会社・西野金陵㈱で、高松産ごじまん品のひとつである黒大豆を使った本格焼酎「讃州黒(さんしゅうくろ)」の仕込みが始まりました。
 仕込みには、JA香川県中央地区管内(高松市・三木町)で栽培された黒大豆1㌧を使用。米こうじ、米も原料はすべて香川県産で賄いました。
 今回は,焙煎(ばいせん)した黒大豆をきな粉状にし,香ばしいかおりが漂ってから仕込みを行うなど風味を生かす工夫を加えました。
 きな粉状にした黒大豆を、一次もろみが入ったタンクに入れ、かい棒でかき混ぜた後、1週間程度発酵させ、減圧蒸留し2カ月間ほど貯蔵熟成させます。
 今秋の全国販売に向け,今回は3000本(1本720㍉㍑)を生産。1本1500円の予定です。
※ 写真はクリックすると拡大します
[ 2008/08/08 ]
カテゴリー:加工品

オクラの出荷が始まっています!

 「高松産ごじまん品」のひとつ,オクラの出荷が始まっています。6月中旬から始まった収穫量は平年並みで,品質も良好です。JA香川県中央地区管内では,農家107戸が約3.5ヘクタールで栽培しています。10月中旬まで収穫は続き,総出荷量は約85トンを見込んでいます。
 オクラはとても栄養価が高く,また,ペクチンなどのネバネバ成分が胃をいたわってくれるという,まさに夏にもってこいの野菜です。
※ 写真はクリックすると拡大します
[ 2008/07/02 ]
カテゴリー:お知らせ
  

▲このページの先頭へ