このページの先頭です。

ミニトマト

健康ごじまん

普通のトマトと比べると栄養素がギュッと“濃縮”されています。ビタミンA1(カロチン)、B、C、Eが豊富。さらに、赤い色素の「リコピン」には、抗酸化作用や美肌効果もあるとも言われており、女性には特に欠かせない野菜です。

ごじまん豆知識

原産国は南米・ペルー。日本への伝来は意外に早く、200年ほど前。香川県で本格的に栽培が始まったのは、昭和60年頃からです。高松市は日照量が多いため、品質の良いミニトマトを産出することができます。生食でももちろんおいしいですが、火を通すと甘みや酸味が凝縮され、コクがぐんと増します。さまざまな料理で楽しんでください。

選ぶときは、ヘタが緑色で元気なものを。短期の保存は冷蔵庫で、また水煮やトマトソースにして冷凍すれば長期保存もでき、すぐに料理に使えて便利です。

ごじまんポイント

栽培地域主に高松市西部・南部地域
出荷時期通年
生産量約138トン(平成25年度実績)
よっけ自慢、ず~っと自慢

ごじまん品キャラ

ミニトマ兄弟

高松ごじまん人

杉峯 豊己さん (前田西町在住)
栽培歴約11年
作付面積約10アール

退職後、知人にミニトマトを勧められて栽培11年になります。ベテランとは言い難く、人間と同じでトマトも病気にかかり、全滅してしまうこともあるんですよ。また、温室栽培ですので、温度管理がうまくいかなくても収穫に繋がりません。そんなリスクもありますが、みなさんに喜んでいただけるおいしいトマトができるよう、日々懸命に努力しています。収穫は10月から6月まで、特に冬にはじっくりと熟れて糖度の高い実がなり、夏にはみずみずしい実になります。季節ごとのミニトマトの味も楽しんでください!

▲このページの先頭へ