このページの先頭です。

ごじまんリポート

タケじい
タケじい
第2回「たかまつ食と農のフェスタ2009」
看板もごじまんキャラクターが大活躍

ソムリエさんも大活躍

 お~っ大きな看板に、わしもおるぞ。そうなんじゃ、この看板の向こうでは「くらべてみようミカン・シイタケ・イチゴ品評会展示」が行われておるぞ~。これは、園芸品評会に出展され、各賞に輝いたミカンやイチゴ、そして、わしも鼻高々のシイタケたちが見事な姿で並んでおる。いや~みごとじゃ。あっぱれですな~。しかし、これまでに育て上げるには、大変なご苦労があるのです(涙)。

野菜ソムリエさん、かっこいい~

 次に“高松産ごじまん品コーナー”、ごじまん品の紹介があり、わしらのパンフレットもあったはずじゃが、人気でなくなるらしいの~。ここでは、野菜のソムリエさんが、野菜や果物についてお話をしてくれる。この“野菜のソムリエさん”というのは、正式には“ベジタブル&フルーツマイスター”という資格を持っておる人たちじゃ。マイスター協会の試験が受かったみなさんで、野菜や果物のことをよ~く知っておってな、野菜や果物の魅力を生産者の方々から伺って、消費者に伝える役目も担っておるそうじゃ。おいしい食べ方や調理方法なども教えてくれるのじゃよ。

となりの○○○は子どもたちに大人気

まつぼっくりの○○○

 会場には“中央ふれあい市場”のコーナーもあるぞ。じゃがすでに、かなり売り切れておる。新鮮とりたて野菜は、人気なんじゃの~。そのすぐ隣に、「これはどうみても、となりのトトロじゃないかの~」と思ったら、松ぼっくりでできておる。作るのは大変だったろうに、香川県森林センターさんのコーナーで、子どもたちに大人気じゃ。

野外のつきたて餅にも長蛇の列

 いろいろな即売が行われておるなかでいち早く売り切れたのが、わしとも抜群の相性の“讃岐三畜”。お得な讃岐牛のサイコロステーキなどが飛ぶようになくなったそうじゃ。ちなみに、讃岐三畜とは、讃岐牛・讃岐夢豚・讃岐コーチンのことじゃ。そうじゃ、会場の南には屋外展示場もあって、ここにも讃岐三畜の焼き串を販売している。あ~たまらんの~おいしそうなにおいじゃ。焼き芋や餅つきのコーナーもあって、なが~い列もできておる。もう一度中に入れば、食券を買ってうどんやそばも食べることができる。ありゃま、あん入り雑煮は売り切れてしもうた。こりゃ、早う食べにゃのう。では、わしも、ここらで一服じゃ。ではでは、イチゴ娘ちゃんにリポートを替わってもらおうの。

※ 写真はクリックすると拡大します

▲このページの先頭へ